アトピーに和食中心で青魚を

和食中心で青魚を食べました

アトピー性皮膚炎だからと言って、食事制限はないと思います。

 

アトピーでステロイドを使用しながら、食事制限をしていたとすれば焼け石に水です。

 

食事制限からアトピー性皮膚炎になる可能性もあります。

 

私は、アトピー性皮膚炎の経験者、食事制限も体験してきた経験者です。

 

有る程度の食べ物の制限は、自分で決めた方が良いかもしれませんが必ずしも、この食べ物は絶対ダメとかアレルギーや蕁麻疹が出ないのであれば、制限は決める必要はないと思います。

 

私は子供の頃から両親の心配、思いから健康食品や、少しの食事制限のようなことも経験しました。

 

ですが、その当時は軟膏のステロイドを利用していた為に、根本からアトピーを治す、治ることは全くありませんでした。

 

医者からはチョコレートや甘いものの食べ過ぎはダメ、一時期はケーキもダメと言われていたことがありました。

 

ですが、それは逆に私の身体に悪循環の結果を与えられアトピーは悪化したものです。

 

ケーキもチョコレートも甘いものも食べても良いかと思いますが。やはり食べ過ぎ、毎日のケーキは誰もがダメと言うでしょう。何でも限度が大事ですね。

 

逆に身体に良い食べ物もあります。やはり和食中心の食べ物は調子が良くなったものです。

 

特にDHA が含まれている青魚は良く食べました。と同時に発酵食品は、控えめにしたこともあります。

 

アトピーには菌があまり宜しくないということも聞いたことが有る為、それでも大豆は身体に良いです。

 

納豆もチーズも適度に適量を食べます。そんな中ステロイド離脱も成功して、今は全くアトピーもなくなり自分自身アトピーと仲良くなれたような気がしています。

 

個人の感想をそのまま掲載しています。そのまま真似るようなことはお止めください。全て主治医と相談の上で行うようにしてください。

関連ページ

昔ながらの日本食
自分自身がアトピーだった事もありまして、子供から大人まで参考にできるアトピー性皮膚炎に良いとされている食事の講座を聞いてきました...
アトピーと食事の関係
アトピーと普段の食事とは密接な関係があります。 暴飲暴食すれば肌荒れや口内炎ができたりしますよね... 私たちの体は摂取したものでできており、異物に反応したり食べ過ぎると不調が出たりとても分かりやすいです。
子供のアレルギーで後悔
私には娘が二人がいて、二番目の娘だけがアレルギーです。鶏肉、卵、牛乳、それに蕎麦がだめです。アレルギーだけでなく...